夢をあきらめても,生きる

語学/Language Study
第1章『くじ引きで決めた』
ミライ姐
ミライ姐

アルドさんは「外国語の検定試験で最低でない級の全言語制覇」を目指して,今は7言語まで達成しているのね。でも人文学部や外国語学部などの出身ではなく,理学部の出身という異例の経歴よね。

塾生
塾生

文理両道,あこがれます。

アルド
アルド

そもそも私は高校時代,大阪外国語大学(現・大阪大学)のイタリア語科を目指していました。高校時代の英語の実力(成績ではない)も学年で3番目と言われていました。

塾生
塾生

それなのに,なぜ理学部なのですか。

アルド
アルド

きっかけは1996年12月6日,糸魚川市と長野県の県境付近にある蒲原沢(がまはらざわ)で発生した土石流災害です。ちなみに,冒頭の写真はこの災害の慰霊碑です。

ミライ姐
ミライ姐

1995年7月11日に発生した7・11水害の復旧工事中の出来事だったわね。14名の工事関係者が犠牲になったのよね。

アルド
アルド

その災害がきっかけで,糸魚川の自然に強い興味を持つようになりました。その結果,地元を離れることに抵抗を感じ,大阪という遠隔地の大学に行く意味が見いだせなくなったのです。結局,地元に近い富山の大学に入学しました。

ミライ姐
ミライ姐

で,理学部になった理由は?

アルド
アルド

イタリア語でないなら,何を専攻しても変わらないだろうと思い,学部はくじ引きで決めたのです。

塾生
塾生

くじ引きで人生を決めるなんて,ありえない。

アルド
アルド

ちなみにくじ引きの結果,現役時は教育学部,浪人時は理学部を受験しました。他に何の取り柄もないので,大学くらいは出ておかないと……と,当時は思ったものです。

塾生
塾生

それでも,ぜんぜん違う分野に進むなんて。

アルド
アルド

そうとも限りません。科学技術の世界において,数学や物理は言葉も同然なのです。理学部時代の私は,言葉としての数学,物理の習得に務めました。それに,語学なら大学でなくても学べますし。

第2章『1か月ずれていたら』
ミライ姐
ミライ姐

でもまだ「外国語の検定試験で最低でない級の全言語制覇」は出てこないわね。

アルド
アルド

その後,紆余曲折を経て糸魚川の企業に就職し,技術部に配属となりました。

塾生
塾生

またも畑違いの分野!

アルド
アルド

工学部や工業高校出身の先輩方に,設計というものを教えてもらいました。言葉としての数学,物理の基礎学力を持っていた私は,幸か不幸か,エンジニアとして定着することになりました。

塾生
塾生

仕事にありつけたのは「幸」ですよね。

アルド
アルド

技術部員として,様々な現場への出張も経験しましたが,2011年の2月に鹿島臨海工業地帯へ出張した時は,徹夜を度々経験するほどの過酷な作業でした。こちらは「不幸」かもしれません。

塾生
塾生

2011年ってまさか!

アルド
アルド

出張は2月末で一旦帰社して,3月は残務処理に追われていました。そして2011年3月11日の14時46分を迎えたのです。

ミライ姐
ミライ姐

東日本大震災ね。

アルド
アルド

私は糸魚川でデスクワーク中でしたが,地震後にネットで速報を見ると「震度7」とありました。

ミライ姐
ミライ姐

ひどい被害だったわよね。この記事の投稿日は地震から10年後に当たる2021年3月11日だけど,今も復興途中だものね。

アルド
アルド

鹿島臨海工業地帯のクライアントさんにも,建物等に被害が出ました。人的被害がなかったのは不幸中の幸いと思います。

ミライ姐
ミライ姐

その後に現場は訪れたの?

アルド
アルド

2011年の4月に鹿島臨海工業地帯に出張したのですが,近くの道路には津波で流された自動車が残ったままでした。もし地震発生日時が自分の出張中だったとしたら……今でも考えると恐ろしいです。

第3章『人生最大の夢に』
アルド
アルド

震災を境に,私は死生観が変わりました。人生は一度しかないのです。一生を振り返ったときに,満足できる生き方をしなければならないと思いました。

ミライ姐
ミライ姐

それが「外国語の検定試験で最低でない級の全言語制覇」なのかしら?

アルド
アルド

その前にもう一段階ありました。高校時代の最初の目標である大阪大学に入り直すことです。参考書を買いあさり,受験勉強をはじめました。おそらく,これが人生最大の挑戦です。

塾生
塾生

まさか,超難関の大阪大学に再チャレンジだなんて。無謀すぎます。

アルド
アルド

そうでもありません。大阪大学は入学定員が国立大学で最も多いのです。だから,簡単そうに見えませんか?

ミライ姐
ミライ姐

そう考えれば,入学定員が国立大学で2番目の東京大学も簡単そうに見えるわ。アルドさんにとっては,理学部出身で理系科目で高得点を狙えるからできた挑戦ね。

アルド
アルド

そうですね。しかし結局は高校時代と同じく,地元を離れることへの抵抗がどうしても払拭できませんでした。そして,受験勉強は3ヶ月ほどで止めてしまいました。

ミライ姐
ミライ姐

ダメだこりゃ。

アルド
アルド

大阪大学に入り直すという,人生最大の夢をあきらめたことで,しばらく情緒不安定な時期がありました。立ち直ったきっかけは「語学は大学でなくても学べる」という考えを思い出したことです。

ミライ姐
ミライ姐

理学部に入ったときに思ったことね。

アルド
アルド

大学でなくとも,語学をライフワークにしたい。そう考えた末に行き着いたのが「外国語の検定試験で最低でない級の全言語制覇」なのです。

塾生
塾生

ついに,たどり着いた!

第4章『夢をあきらめても,生きる』
アルド
アルド

当時,私は英検2級を持っていました。次の準1級に挑戦するも,なかなか合格できませんでした。しかし「外国語の検定試験で最低でない級の全言語制覇」なら,一定の勉強量で複数の言語に合格できるだろうと思いました。

ミライ姐
ミライ姐

最初に合格したのはイタリア語検定4級ね。

アルド
アルド

こちらは3度目の挑戦で合格しました。特に2回目の挑戦では,あと1点で不合格になるという苦い経験もしました。受験料と金沢までの特急料金が水の泡と消えたのです。

塾生
塾生

まだ北陸新幹線が長野までしかなかった時代!

アルド
アルド

イタリア語検定に合格してから,ドイツ語検定4級ハングル検定4級HSK3級(中国語),フランス語検定4級と,一発合格が続きました。たまたま試験範囲がせまく,配点が有利な試験を選んだのが勝因と考えます。

ミライ姐
ミライ姐

その後,スペイン語検定5級にも運良く合格し,ロシア語検定3級が不合格になって現在に至るのね。

アルド
アルド

ロシア語検定は試験範囲も配点も,かなりシビアな試験です。

ミライ姐
ミライ姐

調べてみると,他にもミャンマー語,タイ語,ベトナム語,インドネシア語などの検定もあるのね。もちろん,これらの検定にも挑戦するのよね。

アルド
アルド

そうですね。生涯をかけて「外国語の検定試験で最低でない級の全言語制覇」に挑みます。語学こそが私の生きる道なのだと思います。このブラック寺子屋も,私自身の勉強のために開いているようなものです。

塾生
塾生

僕たちも,もっと勉強しなくちゃ。

コメント