ロシア語反切表(第3話)

語学/Language Study
ミライ姐
ミライ姐

ロシア語反切表は連載シリーズです。各話へのアクセスはこちら(第1話第2話,第3話,第4話第5話第6話第7話)からどうぞ。反切表のダウンロードはこちらから右クリックで保存ください。

ミライ姐
ミライ姐

反切表を見ると,硬音のэ(エ)の前には他の子音が来ないわね。文字の名前ではБ(бэ:ベー)のように子音プラス硬音のエという組合せが出現するけど,基本的には外来語でしか出てこない組合せなのね。

アルド
アルド

ロシア語にはэの音を持つ単語はごくわずかです。固有語ではэтотなどに限られます。あとは外来語ですが,ほとんど語頭に出現します。語形変化でэが出てくることは一切ありません。

ミライ姐
ミライ姐

逆にы(ウィ)は,他の子音字とは結びつくのに,母音単独では使われないのね。筆記体の一覧表でыの大文字の箇所が空白になっているものがあったけど,語頭にыが来なくて,大文字は通常使わないから空白なのね。

アルド
アルド

この母音は日本語に近い音がなく,日本語話者にとって難しい音の一つですね。カタカナでウィと表記しますが,もちろんwiではありません。そもそもロシア語にはワ行音がないので,日本語のワの音はваで代用しますね。

ミライ姐
ミライ姐

音声学的には「非円唇・中舌・狹」母音と呼ばれているのね。日本語のイが非円唇「前舌」狹母音に近くて,日本語のウが非円唇「後舌」狭母音に近いから,日本語のイとウの中間音といったところかしら。舌の位置が前ならイ,後ろならウ,中間ならыと思っておけば,とりあえずはいいかもね。

アルド
アルド

ちなみにыは,これで1文字なので注意が必要ですね。元々はъ(硬音符)とіの合字です。1918年の正書法改革でіの文字は廃止されました。例えばмирというロシア語は「平和」と「世界」の2つの意味ですが,旧正書法ではмиръが平和,міръが世界と書き分けていました。

寺子屋「図南之翼」(L’Académie d’Aspiration)

コメント