英語で不等号

数学/Math語学/Language Study
ミライ姐
ミライ姐

前回は「以上」「以下」「未満」「を超える」という表現を日本語で学びました。

塾生
塾生

英語ではどのように言いますか?

アルド
アルド

次のような表現があります。

記号日本語英語表現
\(A \leq B\)AはB以下A is not less than B
A is B or less
A is B or under
A is B or below
\(A \geq B\)AはB以上A is not less than B
A is B or more
A is B or over
A is B or above
\(A < B\)AはB未満A is less than B
A is under B
A is below B
\(A > B\)AはBを超えるA is more than B
A is over B
A is above B
塾生
塾生

否定文……嫌だなあ。

アルド
アルド

比較級の基本であるmore thanやless thanは,その値を含まないのですね。一方,否定語のnotは後ろをすべて打ち消す単語です。

塾生
塾生

「未満」の否定形が「以上」で,「を超える」の否定が「以下」なのですね。

アルド
アルド

ただし,含む・含まないの区別は厳密ではありません。文脈によってはmore thanやless thanがその値を含むこともあります。

ミライ姐
ミライ姐

数学的なルールは後から決めたのね。

アルド
アルド

厳密性が要求される場面では,不等号を使って表現したほうがよいと考えます。ちなみに,私も英文の技術仕様書を作成する際に,不等号で一律に置き換えた経験があります。

塾生
塾生

正確な表現を心がけます。

コメント