日本語で覚えると楽なこと(世界史編)

リベラル・アーツ/Liberal Arts語学/Language Study
ミライ姐
ミライ姐

線形代数学の用語や,簿記の用語を,漢字やひらがなの形で覚えると楽なことを学んだわね。

アルド
アルド

他にも文字の形で覚えると楽なものは存在します。例えば世界史の用語として,産業革命の発明品と発明者をペアで覚えてみましょう。

発明品読み方発明者
力織機りきしょっきカートライト
水力紡績機すいりょくぼうせききアークライト
塾生
塾生

漢字の力(ちから)と,カタカナの「カ」が一致しています。

ミライ姐
ミライ姐

覚えやすいわね。

塾生
塾生

水力紡績機とアークライト……文字は関係あるのかな?

アルド
アルド

水はラテン語でaqua(アクア)なので,アークライトと「ア」「ク」が共通しています。ラテン語を知らなくても,宝石のアクアマリンや,水族館のアクアリウム,みずがめ座のアクエリアスなど,水にちなんだ言葉には「アクア」が使われます。

ミライ姐
ミライ姐

語呂合わせを作りやすいのも,日本語の特徴のひとつね。

コメント