お題「語」と果てることなき思い(歌会始2018)

アルドの詠進歌/My First Poetry和歌・短歌/Japanese Poem糸魚川/Itoigawa
ミライ姐
ミライ姐

歌会始に応募した短歌を公表するシリーズ。今回は2018(平成30)年の応募作です。

アルド
アルド

お題「語」
いたく吹き飛び火遠くにいざなへり語り果つまじ忘れえぬまち

ミライ姐
ミライ姐

糸魚川大火ね。

アルド
アルド

2016年12月に発生した糸魚川大火では,私も消防団員として出動しました。凄惨な現場を目の当たりにして,この思いを忘れまいと,歌会始には糸魚川大火を題材に詠もうと,現場で思っていました。

ミライ姐
ミライ姐

歌会始だけでなく,糸魚川ジオパーク検定についても決意していたわよね。

アルド
アルド

そうですね。絶対に達人級に合格して,ポンコツ市長を……

ミライ姐
ミライ姐

アルドさん,発言には気をつけましょう。

アルド
アルド

とにかく,私は糸魚川大火の被災者ではありませんが,人生を変えた出来事だったと思います。

ミライ姐
ミライ姐

写真は旧・北越銀行の前ね。アルドさんはこの近辺で消火活動にあたっていたのよね。

塾生
塾生

火事で黒焦げになった木が残っているのですね。

アルド
アルド

この木は観光地を表す看板です。2021年5月現在も残っています。

ミライ姐
ミライ姐

歌の意味は?

アルド
アルド

ひどい風が遠くまで飛び火を誘発してしまった。忘れられない糸魚川の街の思い出を,語り尽くすことはないだろう。

塾生
塾生

各句の先頭をつなげると「い・と・い・か・わ」……もしかして,糸魚川になるのではないですか?

アルド
アルド

よく気づきましたね。このように単語を隠し入れることを折句(おりく)といいます。

ミライ姐
ミライ姐

各句の末尾が全部イの段なのは,意図的なのかしら。

アルド
アルド

そこまで気付くとはすごいですね。短歌の技法ではありませんが,末尾の音をそろえることを押韻(おういん)といいます。

ミライ姐
ミライ姐

ラップじゃあるまいし。しかも「まじ」と「まち」まで押韻してるわね。

アルド
アルド

技巧に走りすぎるのはいかがなものと思いますが,大火の後の糸魚川への想いをぶつけるために,徹底的に言葉を選んだつもりです。

ミライ姐
ミライ姐

確か,翌年の歌会始も糸魚川大火を題材に読んだのよね。

アルド
アルド

そちらは次回紹介しましょう。

コメント