90は使いやすい(物理が理解できる単位のお話・第5話)

数学/Math物理/physics
ミライ姐
ミライ姐

現在では小学校4年生で分度器の使い方を習うらしいけど,1周が360度で,直角が90度ね。

塾生
塾生

長さや重さは十進法で,10や100のようなキリのいい数字で位が上がるのに,角度は100や400ではなく,90や360という半端な数です。どうしてですか?

アルド
アルド

360は1年の日数に近いという理由もありますが,360や90は約数が多いため,直感的に分かりやすい数字になるのです。

ミライ姐
ミライ姐

例えば直角の半分(2分の1)は45度ね。同じように3分の1は30度,4分の1は22.5度,5分の1は18度,6分の1は15度,7分の1は12.85714…度,8分の1は11.25度,9分の1は10度,10分の1は9度……

塾生
塾生

小数を含むものの,7分の1以外は割り切れるんですね。

アルド
アルド

仮に直角が100度だとすれば,2分の1は50度,3分の1は33.333…度,4分の1は25度,5分の1は20度,6分の1は16.666…度,7分の1は14.28571…度,8分の1は12.5度,9分の1は11.111…度,10分の1は10度……

塾生
塾生

割り切れるものが減りました。

アルド
アルド

ちなみに,直角を100とする単位もあり,直角の100分の1の角度を1グラードといいますが,一般的ではありません。

塾生
塾生

1日は24時間,1時間は60分,1分は60秒のように,十進法でないほうが感覚的に分かりやすいものもあるのですね。

アルド
アルド

角度のお話は第6話第7話に続きます。

コメント