四角形の名前(日本語編・第2話)

数学/Math
アルド
アルド

前回,四角形の名前を表す日本語英語を学びました。

ミライ姐
ミライ姐

とりあえず,台形,平行四辺形,ひし形,長方形,正方形の性質を覚えておけばよいのね。

アルド
アルド

現代の算数や数学の教科書ではそのような名前ですが,昔は別の用語だったものがあります。それは長方形です。

塾生
塾生

長方形には別名もあるのですね。

アルド
アルド

矩形(くけい)といいます。

塾生
塾生

見慣れない漢字です。

ミライ姐
ミライ姐

どこかで見たことのあるような漢字ね。確か『論語』で見たような気が。

アルド
アルド

「七十にして矩を踰えず」と,論語にあります。

塾生
塾生

しちじゅうにして,のりをこえず。

ミライ姐
ミライ姐

孔子さんでも70歳を過ぎてようやく道を外れないようになったのね。

アルド
アルド

矩という漢字は「かねじゃく」を意味します。

ミライ姐
ミライ姐

大工さんなどが持っているL字形のものさしね。直角があるから,長方形のことを矩形と呼んでいたのね。

塾生
塾生

現代では矩形という単語は使われていないのですか?

アルド
アルド

電子音の一種に「矩形波」というものがあります。四角形の形をした波ですね。現代のゲームではオーケストラ音源を流せますが,ファミコン時代の音楽は矩形波などの電子音でした。

ミライ姐
ミライ姐

矩形波の他にも,正弦波,三角波,のこぎり波などの音波があるのね。

塾生
塾生

長方形のことをあえて「矩形」と言ったら,みんなに一目置かれるかなあ。

コメント