ロシア語の名詞(第1話)

語学/Language Study
アルド
アルド

ロシア語の名詞について学びましょう。

ミライ姐
ミライ姐

ロシア語には単数形と複数形があって,さらに6つの格があるのね。

塾生
塾生

格とは何ですか?

アルド
アルド

日本語では「が」「の」「に」「を」などを付けると意味が変わりますね。このような意味の違いを格といいます。日本語では付属語の違いで表現しますが,ロシア語では単語自体を変化させます。

ミライ姐
ミライ姐

6つの格の名称と意味は以下の通りです。

名称主な日本語訳
主格〜は,〜がкточто
生格〜のкогочего
与格〜に,〜へкомучему
対格〜をкогочто
造格〜を使ってкемчем
前置格(特定の前置詞を伴う)комчём
アルド
アルド

「誰」と「何」の単数形の格変化も掲載しました。動詞や前置詞がどの格と結びつくかを表すために,辞書や教科書ではこれらの単語を使う場合があります。

塾生
塾生

前置格は前置詞を伴うのですね。

アルド
アルド

前置格は単独では使わず,必ず前置詞を伴います。しかし,主格以外のすべての格も,何らかの前置詞と結び付きます。

ミライ姐
ミライ姐

どの前置詞がどの格を伴うか,覚えなければならないのね。

アルド
アルド

前置詞と格の結びつきのことを「前置詞の格支配」と呼びます。徐々に覚えていきましょう。

ミライ姐
ミライ姐

覚えるのはいいけど,1つの名詞につき12の変化形を覚えるのよね。

アルド
アルド

基本的には語尾で識別します。しかし,一部の単語では語幹(語尾以外の部分)が変化したり,アクセント位置が移動したりします。

塾生
塾生

難しそうです。覚えきれるかなあ。

アルド
アルド

語幹の形は原則として,単数形であれば生格と同じ,複数形であれば主格と同じです。アクセントの位置は数に関わらず原則として生格と同じです。また,女性名詞の単数形対格は独自の形ですが,男性,中性,複数形の対格は,動物を表す単語では生格と同じ,動物でないものを表す単語では主格と同じになります。

ミライ姐
ミライ姐

日本語では動物を表す単語には「いる」という単語を使い,動物でないものを表す単語には「ある」と使い分けるわね。ロシア語では動物か否かで文法が変わるのね。

語幹アクセント位置変化語尾
単数主格個別に暗記個別に暗記個別に暗記
生格一部個別に暗記個別に暗記一部個別に暗記
与格単・生と同じ単・生と同じ規則的
対格単・主または単・生と同じ単・主または単・生と同じ規則的
造格単・生と同じ単・生と同じ規則的
前置格単・生と同じ単・生と同じ一部個別に暗記
複数主格個別に暗記個別に暗記個別に暗記
生格一部個別に暗記個別に暗記個別に暗記
与格複・主と同じ複・生と同じ規則的
対格複・主または複・生と同じ複・主または複・生と同じ規則的
造格複・主と同じ複・生と同じ一部個別に暗記
複数複・主と同じ複・生と同じ規則的
ミライ姐
ミライ姐

主格と生格を覚えてしまえば,例外的なものを除き,他の格は語尾に気をつければいいのね。

アルド
アルド

変化語尾については,別の機会に学びましょう。

コメント