富山の鐘(韓国人は漢字を学べ・第20話)

富山/Toyama韓国人は漢字を学べ/Kanji for Korean
単語자명종
漢字自鳴鐘
ローマ字表記ja myeong jong
発音カナチャミョンジョン
日本語訳目覚まし時計
ミライ姐
ミライ姐

鐘(かね)といえば,結婚式場のチャペルなどにあるものや,お寺にあるものをイメージするわね。

アルド
アルド

ちなみに,金へんを手へんに変えたという漢字は「つく」と読みます。お寺にある鐘をつくための横向きの棒を撞木(しゅもく)といいます。

塾生
塾生

相撲の決まり手に「撞木反り」があります。

ミライ姐
ミライ姐

大相撲では幻の技ね。それはともかく,お寺の鐘の生産量トップは富山県であることは,ほとんどの富山県民が知る事実です。

アルド
アルド

元富山県民の私も誇りに思います。

ミライ姐
ミライ姐

そのせいなのか,鐘の字からイメージされるのはチャペルとか,お寺とか,カリヨンのような大きなものになりませんか?

アルド
アルド

確かに。思いつく一番小さな鐘は,チンドン太鼓の……と思いきや,あの「かね」はという字を使うのですね。

ミライ姐
ミライ姐

話を韓国語に戻して……韓国語で目覚まし時計のことを自鳴鐘という漢字語で表現します。自鳴とは「ひとりでに鳴る」という意味ですね。最近ではリンリンに相当する擬音語を使った따르릉 시계(タルルン・シゲ)という単語を使うこともあるそうです。시계/シゲは「時計」のハングル読みですね。

塾生
塾生

韓国語でタルルンが日本語のリンリンって,言語が変わるとオノマトペはまったく通じないのですね。

アルド
アルド

目覚まし時計の音は電子音か,小さなベルですよね。そんな小さなベルを「鈴」ではなく「鐘」というのは,元富山県民の私にはイメージが難しく,韓国語や漢字は奥が深いと思います。

コメント