第1課から日本語と勝手が違うトルコ語

無許可トルコ語講座/Unofficial Turkish Seminar
アルド
アルド

トルコ語は,日本語と語順が似ているので学びやすいとされています。しかしながら「まえがき」にそう書いてあるトルコ語のテキストの第1課の例文が,日本語と勝手が違う場合もあるのです。まずは簡単な例文をご覧ください。

太郎は日本人です。
Taro Japonca.

アルド
アルド

Japoncaはジャポンヂャと発音します。現代日本語では「ジャ」と「ヂャ」は同じ発音で,「チャ」を濁らせた発音となります。そのため,「ジャ」は音声学的には間違った表記ですが,正書法上は原則として「ジャ」と書きます。「シャ」は舌先をどこにも付けませんが,「チャ」は上の歯の裏に下が付きます。それらを濁らせると「ジャ」と「ヂャ」になるのですね。

ミライ姐
ミライ姐

トルコ語には,英語のbe動詞に相当する単語はないように見えるわね。助詞の「は」もないのね。

アルド
アルド

実は日本語でも,助詞が何も付いていない名詞は,一般に主語を表します。特に高校の古文の学習参考書には「人物名の後にテン(読点)があれば98%主語」と書いてあるほどです。しかし,トルコ語では主語が「私」や「君」になると変化が起こります。なお,iではなく点のつかないıは日本語のウに近い音です。

私は日本人です。
Ben Japonca’yım.
君は日本人です。
Sen Japonca’sın.

塾生
塾生

語尾にyımやsınなどが付くのですね。

アルド
アルド

固有名詞(民族名など)の場合はアポストロフィーを付けます。主語が3人称なら単語を並べるだけで済みますが,1人称と2人称の場合には語尾に人称の付属語を付けます。日本語では「だ」に相当する単語ですね

塾生
塾生

Ben 〜 yımとSen 〜 sınで覚えればいいのですか?

アルド
アルド

実は,トルコ語には母音調和というものがあり,人称の付属語は単語の最終母音によって変わります。Japonca(日本人)は最終母音がaなので,yımやsınになりますが,最終母音が異なる場合は,付属語の母音も変化します。例えば Türk(トルコ人)の場合はこうなります。

私はトルコ人です。
Ben Türk’üm.
君はトルコ人です。
Sen Türk’sün.

ミライ姐
ミライ姐

母音が変わるのね。しかも1人称では子音で終わる単語にはyが脱落するのね。それでは,人称の付属語のまとめです。

最終母音ben(私)biz(私たち)sen(君)siz(君たち)
a, ı-(y)ım-(y)ız-sın-sınız
o, u-(y)um-(y)uz-sun-sunuz
e, i-(y)im-(y)iz-sin-siniz
ö, ü-(y)üm-(y)üz-sün-sünüz
アルド
アルド

ちなみに,sizには「君たち」だけでなく,単数フォーマルの「あなた」の意味もあります。これは,ヨーロッパ言語によくある現象ですね。

コメント