ロシア語のアルファベットの書き方

ロシア語検定3級への道/Russian Exam
ミライ姐
ミライ姐

ロシア語で使うキリル文字は難しいわね。

塾生
塾生

筆記体が文字通り「ミミズの這ったような」状態です。

アルド
アルド

私は筆記体はあまり好きではありません。芸術的意図がない限りは基本的に「いわゆる」ブロック体で書きます。

塾生
塾生

それでもフォントによっては別の文字に見えるものもあります。

アルド
アルド

私は冒頭の表のように手書きしています。

ミライ姐
ミライ姐

小文字のбの向きが活字と逆ね。

アルド
アルド

これは筆記体を参照しました。こうでもしないと数字の6と区別できません。

塾生
塾生

しかもдが単なる三角形……

アルド
アルド

ギリシャ文字のデルタが由来ですから……これでいいのだ!

ミライ姐
ミライ姐

同じ理由でлも,ギリシャ文字のラムダと同じ形なのね。

塾生
塾生

書き順に法則はあるのですか?

アルド
アルド

そもそも書き順という概念もありません。自由です。

ミライ姐
ミライ姐

子供向けの英語の教材で,MやWを4画で説明しているものを見たことがあるわ。

アルド
アルド

私はMを2画で,Wを一筆書きで書きます。

ミライ姐
ミライ姐

アルドさんはどんな基準で書いているの?

アルド
アルド

高さを決める垂直線は必ず上から下に引きます。それ以外はなるべく一筆書きです。

ミライ姐
ミライ姐

意外と単純ね。

アルド
アルド

高さを決める垂直線をあとから書いていたら……自分の筆跡なのにгとтを間違えたことがあります。

ミライ姐
ミライ姐

そんなこともあるのね。

寺子屋「図南之翼」(L’Académie d’Aspiration)

コメント