糸魚川の知られざる偉人,加藤義平さん(前編)

和歌・短歌/Japanese Poem文学のまち糸魚川/Itoigawa Literature
アルド
アルド

先日,私は親戚の法事のため祖母の実家を訪れました。仏間の鴨居には遺影や賞状などが飾られるのが一般的ですが,短歌を書いた色紙に気づきました。

ミライ姐
ミライ姐

昭和53年歌会始入選歌……1978年ね。

アルド
アルド

勝手知ったる祖母の実家と思っていましたが,まさかこのようなものがあるとは思いませんでした。

ミライ姐
ミライ姐

この家の関係者が入選したの?

アルド
アルド

近所の人だそうです。ちなみに佳作入選なので,皇居に招待されて歌が披露されたわけではありません。

通行人A
通行人A

お題「母」
母の遺髪千人針に縫ひこめて征けりしこともはろかとなれり
(加藤義平)

塾生
塾生

千人針って何ですか?

ミライ姐
ミライ姐

一枚の布に多くの女性が糸を縫い付けたもので,戦時中に銃弾よけのお守りとして作られていたの。

塾生
塾生

つまり,母の遺髪で作った千人針を持って戦争に行ったけど,もう昔のことだなあ,って意味ですね。

アルド
アルド

そうですね。「はろか」は「はるか」と同じ意味です。私は最初,誤植かと思いましたが……

ミライ姐
ミライ姐

入選した人が色紙に歌をしたためて,近所に配ったのね。

アルド
アルド

加藤氏は町の教育長も務めた方で,地元歌壇でも活躍しました。実は,糸魚川市内には加藤氏の文学碑もあります。次回,紹介しましょう。

コメント