源氏物語の和歌を現代風に(第3話・空蝉)

和歌・短歌/Japanese Poem
ミライ姐
ミライ姐

源氏物語の和歌を現代風にアレンジするシリーズ。本日は第3巻の空蝉(うつせみ)から,こちらの短歌を紹介します。

通行人A
通行人A

『源氏物語』空蝉より
空蝉の身をかへてける木の下になほ人がらのなつかしきかな

ミライ姐
ミライ姐

うつせみの・みおかえてける・きのしたに・なおひとがらの・なつかしきかな

アルド
アルド

(アルド訳)
結ばれぬ仲なのかもね脱ぎ捨てた衣に君の思い出残る

塾生
塾生

なるほど。

コメント