イタリア語の規則動詞(第6話:-ciare系)

イタリア語動詞変化表/Italian Verb
ミライ姐
ミライ姐

このコンテンツには新バージョンがあります。このページは残しますが,ダウンロードコンテンツにつきましては新バージョンでの提供とさせていただきます。

アルド
アルド

イタリア語の動詞活用,規則変化の第6回目は末尾が-ciareや-giareになるものです。

ミライ姐
ミライ姐

代表例としてmangiare(食べる)の変化型を見てみましょう。活用語尾が-iまたは-eで始まる場合,ジャ行の発音を残すために,綴りからiの文字が脱落します。このパターンの動詞は,すべて発音がチャ行やジャ行で発音すると覚えておきましょう。

アルド
アルド
特殊変化部は赤字にしてあります。上級レベルの箇所は網掛けにしました。アクセントが「後ろから3番目の母音」にあるものは水色で着色しています。

コメント