源氏物語の和歌を現代風に(第52話・蜻蛉)

和歌・短歌/Japanese Poem
ミライ姐
ミライ姐

源氏物語の和歌を現代風にアレンジするシリーズ。本日は第52巻の蜻蛉(かげろう)から,こちらの短歌を紹介します。

通行人A
通行人A

『源氏物語』蜻蛉より
常なしとここら世を見る憂き身だに人の知るまで嘆きやはする

ミライ姐
ミライ姐

つねなしと・ここらよおみる・うきみだに・ひとのしるまで・なげきやわする

アルド
アルド

(アルド訳)
つらくても気づかれるほど悲しみは見せていないと思っているのに

塾生
塾生

なるほど。

コメント