源氏物語の和歌を現代風に(第46話・椎本)

和歌・短歌/Japanese Poem
ミライ姐
ミライ姐

源氏物語の和歌を現代風にアレンジするシリーズ。本日は第46巻の椎本(しいがもと)から,こちらの短歌を紹介します。

通行人A
通行人A

『源氏物語』椎本より
秋霧のはれぬ雲居にいとどしくこの世をかりと言い知らすらむ

ミライ姐
ミライ姐

あきぎりの・はれぬくもいに・いとどしく・このよおかりと・いいしらすらん

アルド
アルド

(アルド訳)
霧の空雁鳴きながら飛んで行くこの世は仮の世だとばかりに

塾生
塾生

なるほど。

コメント