源氏物語の和歌を現代風に(第9話・葵)

和歌・短歌/Japanese Poem
ミライ姐
ミライ姐

源氏物語の和歌を現代風にアレンジするシリーズ。本日は第9巻の葵(あおい)から,こちらの短歌を紹介します。

通行人A
通行人A

『源氏物語』葵より
昇りぬる煙はそれとわかねどもなべて雲居のあはれなるかな

ミライ姐
ミライ姐

のぼりぬる・けむりはそれと・わかねども・なべてくもいの・あわれなるかな

アルド
アルド

(アルド訳)
火葬後の煙のゆくえ気になってどの雲見ても懐かしくなる

塾生
塾生

なるほど。

コメント